本文へ移動
スタッフブログ
当サイトの管理人やディーエスブランドのスタッフが、月に一度くらいを目標に更新していきますので、よろしくお願いします!
RSS(別ウィンドウで開きます) 

念願の当選…!

2020-01-07
明けましておめでとうございます。
総務部の荒木です。
本年もこのページを通して、実際の社内の雰囲気や働き方、社員についてご紹介できればと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 
さて、前回の安部さんに引き続き、当社で働く社員へインタビューをしてきました!
今回は、2019年4月に入社されたカスタマーセンターの大町さんです。
 

 
まずは、ディーエスブランドとの出会いを教えてください
地元である長崎で働けることと、もともと興味のあったホームページの分野でお話しする業務ができることからディーエスブランドに魅力を感じ、志望いたしました。
また、大学4年生の春に会社説明会に参加して、社内での業務風景を見たり、お話を聞いたりすることで、お客様や社員の方を大切にしている会社であると分かり、決め手となりました。
実際に入社して約8ヶ月経ちましたが、入社前に抱いていたイメージと大きなギャップもなく、安心して仕事ができています。
 
■次に、毎日の業務内容を教えてください
現在はカスタマーセンターに所属しており、お客様からの問い合わせに対応しています。
毎日のように不明点が出てくるため、新しい知識を吸収して活用していくことに必死ですが、頼りになる上司の皆さんや先輩方の力をお借りして業務に取り組んでおります。
以前は対応できなかった問題を一人でスムーズに解決できた際に、お客様や先輩方からお礼の言葉をいただけることがとても嬉しく、やりがいを感じます。
 
■最後に、プライベートの過ごし方を教えてください
休みの日は、友人と買い物や食事に行ったり、一人で過ごす時は家で映画を見たりゲームをしたり、特にあてもなく出かけるなど、その日の気分と思いつきでフラフラと行動しています(笑)
学生の頃から大好きなものが一つあるので、今回はそちらについてご紹介いたします。
それはズバリ、[ALEXANDROS](アレキサンドロス)です。
アレキサンドロスとは、2001年に結成し、2010年にデビューした日本の4人組バンドで、ボーカルである川上洋平さんのハイトーンで力強い歌声が特徴です。
「ワタリドリ」という曲が代表的で、自動車のCMで使用されており、「追~い~かけて届くよう 僕ら一心に羽ばたいて」というサビのフレーズを耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。
高校2年生の時、歌番組で初めて見て一目惚れし、それ以来ずっと応援し続けています!
毎朝自宅からバスで通勤する間はずっとアレキサンドロスの曲を聞いており、一日のやる気を上げて仕事に臨んでおります。
 
そんなアレキサンドロスですが、ここ数年の間にぐんぐん人気が上昇し、ライブのチケットが大変入手しにくくなっている状況です。
僕も大学生の頃に野外フェスで見たのを最後に、チケットを取ることができていませんでした。
ライブがあるたびに応募しては落選を繰り返し、これでもかというほど応募した結果、ついに…福岡で開催されるライブに当選しましたきらきら
 
さらに、会場の収容人数が1,200人を超える中で、チケットの整理番号が驚異の100番代前半という奇跡。
最前列でアレキサンドロスを見ることができる…期待に胸を膨らませながら待ち続けました。
 
そして迎えたライブ当日。
ウキウキしながら福岡の会場へ向かい、整理番号が呼び出されてから入場すると、期待通りステージに手が届きそうなほど前の位置を確保することができました!
会場に入るまでの行列
会場に入るまでの行列
ライブグッズ
ライブグッズ
ライブが始まると会場は一気に歓声に包まれ、バンドを知るきっかけとなった曲である「Kick&Spin」が披露された時は、感極まって泣いてしまいました水滴(笑)
 
人の波に飲まれて酸欠になりそうだったため、後半は前列からしぶしぶ退きましたが、それでも大満足のライブとなりました。
何より、間近で見ることができたメンバーの姿は今でも目に焼き付いています。
ライブが終わった瞬間から次回が待ち遠しく感じ、日々頑張ることができるので、これからもライブ参戦を続けていきたいと思います。
 
アレキサンドロスは、良い曲がたくさんあるので、興味が湧いた方は是非YouTubeでミュージックビデオをご覧になってみてください。

日本舞踊について

2019-12-09
こんにちは、総務部の荒木です。
いつもご覧いただきありがとうございます。
 
突然ですが…、このページをご覧いただいている皆様の中には、
「ディーエスブランドで働く社員は毎日どんな仕事をしているの?」「社内の雰囲気は?」と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな疑問を解消すべく、実際に当社で働く社員へインタビューをしてきました!
業務中だけでなく、プライベートもいきいきと過ごしているところを含めてご紹介いたします。
 
今回インタビューしたのは、東日本カスタマーセンターの安部さんです。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

 
■早速ですが、当社との出会いを教えてください。
 
ディーエスブランドのWebサイトで、社員の皆様の活気に溢れた姿を見て、「ここに入社したい!」と思ったことがきっかけでした。
正直にお話しますと、「IT企業…かっこいい……」とも思いました。(笑)
高校で情報処理の授業を受けた以外IT系の知識は全くなかったのですが、たくさんの先輩方が手取り足取りご指導くださり、今では毎日楽しく業務に臨んでいます。
 
 
■では、毎日の業務内容は?
 
全国のお客様をお電話でサポートする、カスタマーセンターに所属しています。
おりこうブログの操作案内や、お客様へご連絡して日々のお困りごとのヒアリング、サイト運用の秘訣をアドバイスしたりしています。
遠方のお客様へご連絡すると、土地柄によって様々なご相談を頂戴したり、時には世間話をしたりなど、お客様との関係性を密にし、お悩み解決部隊として日々業務に励んでいます!
 
 
■最後に、プライベートの過ごし方を教えてください。
 
スタッフブログでも何度かご紹介したことがありますが、日本舞踊のお稽古に励んでいます。(プライベートの域を超えている気もしますが…)
 
▼ 過去のスタッフブログはコチラから
そんな日本舞踊について詳しくお話させていただきます。
私が3歳の頃、母に連れられ日本舞踊の道を歩み始めてから、今年でちょうど20年目になります。
高校1年で名取試験に合格し、花柳太藺理(はなやぎたいり)というお名前をいただき、一昨年には専門部師範試験に合格して、今は新米師範として修行を積む身です。
 
先日10月20日に行われた発表会にて、清元『青海波(せいがいは)』と、師範のお披露目として日本舞踊でも有名な演目、長唄『春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)』を踊らせていただきました。
御小姓・弥生
御小姓・弥生
『春興鏡獅子』のあらすじ
千代田城の大奥を舞台に、上様のご所望で踊りを披露することになった御小姓・弥生が、老女・局に無理に手を引かれ登場するところから始まります。
心を込めて舞い踊る弥生が獅子頭を手にすると、獅子頭に魂が入り、飛んできた蝶を勝手に追いかけ初め、弥生は必死に留まろうとしますが、獅子頭に引っ張られそのまま花道へと消えていきます。
その後、獅子の精となって登場し、獅子の長い毛を豪快に振る『毛振り』で締めくくります。
出典: "春興鏡獅子"  歌舞伎演目案内.  歌舞伎 on the web.
獅子の精
獅子の精
この『春興鏡獅子』に登場する獅子の姿は、日本舞踊や歌舞伎をあまり詳しく知らない方でも一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。
御小姓・弥生では優美な女性を演じ、後半は勇壮で豪快な獅子の精。
演じ分けが難しいこの演目、1時間ほどの長丁場で、ご覧いただくお客様を飽きさせないような踊りにするために、約1年半をかけて稽古を積んでまいりました。
初めての親子共演
初めての親子共演
リハーサルでは大きな失敗があったのですが、本番では自分の納得できる演技ができ20年間培ってきた努力が実った瞬間のように感じ、ホッとしたというのが本音です。
ちなみに局役は私を踊りの道へ導いてくれた母が演じ、初めて親子共演ができて、感激でした。
会社からは、会長をはじめ、上司・先輩方、同僚、たくさんの方が見に来てくださり、改めてこの会社に入社してよかったと痛感しています。
お越しくださった皆様、本当にありがとうございました!
 
また、先日長崎新聞の方にこれまでの私の日本舞踊人生について取材していただき、恐縮ですが、とても大きく掲載していただきました。
発表会のことにも触れていますので、是非ご覧いただけると嬉しいです。
 
▼ 拡大してご覧ください
2019/10/9 長崎新聞
2019/10/9 長崎新聞
2019/10/31 長崎新聞
2019/10/31 長崎新聞

DSもくもく会 in 長崎 #10 を開催しました

2019-11-22
こんにちは!開発センターの鶴田です。
今回は、先月開催しました「DSもくもく会 in 長崎」の様子をご紹介します。
2018年にスタートしたもくもく会は、この度10回目を迎えました!
 
・「DSもくもく会 in 長崎」とは
長崎県のIT業界で働くエンジニア・デザイナー、またはIT業界に興味がある学生、社会人の方を対象としたイベントです。「もくもく会」は、参加者それぞれが、もくもくと勉強したり作業したり本を読んだりする会のことです。都市部ではエンジニアを中心に盛んに行われている会で、幅広い人達がつながることで相乗効果が期待できます。
※詳しくは、ディーエスブランド公式ホームページ「イベント開催のご案内」をご覧ください。
 
今回は、長崎県のIT業界で働く社会人、学生の方とディーエスブランド社員あわせて9名にご参加いただきました。
 
  • 本日のタイムテーブル  ※18:30受付開始~21:00終了 ※途中参加・途中退室OK!休憩も自由!
    受付オープニング自己紹介もくもくと作業(75分)発表(希望制)クロージング解散
 
  • オープニング
「それぞれ好きなことをもくもく学習したり、情報交換したりしましょう」と、開発センターの田島より、ごあいさつ。
「DSもくもく会 in 長崎#10」スタートです。
 
  • 自己紹介
自己紹介を交えながら、それぞれ今日の「もくもくすること」を紹介します。
 
「今日はDockerを勉強します」
「システムエンジニアです。今日はPythonを勉強します」
「学生です。大学の課題で、Webで見られるハザードマップを作ります」
「業務でAdobe XDを使う機会が増えてきたので、作業スピードをあげるため情報収集します」
「思考をまとめるのが苦手なため、本を読んで勉強します」
 
など、ご自身のスキルアップにつながる勉強や趣味など、皆さんもくもくすることはさまざまです。
 

 
  • もくもくと作業(75分)
リピーターの方、初参加の方と初めてお会いする方々もいらっしゃり、互いのお仕事や関心事など、気軽に楽しいトークが繰り広げられていました。そんなリラックスした中、皆さん時間が経つにつれ、もくもくと勉強や読書に励んでいらっしゃいました。
 
  • 発表(希望制)
「もくもくしたことを発表して自慢しましょう。なんでもいいです。お気軽にどうぞ!(田島)」と、集中していたらあっという間に発表の時間になってしまいました。
参加者の皆さん、初対面の方もいらっしゃることから、少々緊張のご様子でしたが、興味深い発表に「おお~」と感心したり、発表者に質問もしたり。もくもくした分、発表も充実していました。
 
 
  • クロージング
発表も終わり、お互いに情報交換などが終わったところで、名残惜しいですが「DSもくもく会 in 長崎」は終了です。
 
  • 解散
ご参加くださった皆様、遠くからもお越しいただいた皆様、誠にありがとうございます。
次回もぜひご参加の程、お待ちしております!  
 
・次回開催のお知らせ
「DSもくもく会 in 長崎」は隔月開催いたします!
次の開催日は未定ですが、公式Facebook・Twitterでイベント情報を発信しています。
ぜひ、「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします。
→ イベント開催情報は、ディーエスブランド公式 Facebook ・ Twitter でチェック!

2020年度新卒 内定者研修ダイジェスト

2019-11-15
内定者研修
こんにちは。人事部の國廣です。
先日嶋田より2020年度新卒者内定式の様子をご報告いたしました。
 
前回のブログ
 
実はあの日、まだお伝えしていない「内定者研修」がありまして…
今回のブログでは、その全容をお伝えしたいと思います。どうぞ最後までお付き合いください。
 

 
続きはこちら

2アップ3ダウン運動

2019-11-08
こんにちは、総務部の荒木です。
突然ですが、皆さま「健康経営」という言葉をご存知でしょうか。
 
健康経営とは…、働く社員の健康に会社が積極的に配慮することによって、生産性の向上や組織の活性化につながり、経営面でも大きな成果が期待できるという考え方のもと、会社が戦略的に健康づくりを実践することを意味します。
 
当社もそんな健康経営にコツコツと取り組んでいます。
今回はその中でも、気軽に実施できる健康増進に向けた運動についてご紹介させていただきます。
 
その名も、「2アップ3ダウン運動」です。
近頃、目や耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
この運動は、2階上がったり、3階下りたりする程度の短い移動であれば、エレベーターではなく階段を利用して身体を動かす機会をつくろうというものです。
日常生活の中でも取り組みやすい、健康増進につながる活動ですね。
また、エレベーターは起動時の電力負荷がかなり大きいので、短距離での昇降を控えることで効果的な節電が可能になり、エコにもつながります。
3ダウン中
2アップ…!
3ダウン中
ちなみに、この一石二鳥な「2アップ3ダウン運動」に取り組んでみたところ、いきなり毎日階段を使用すると心理的なハードルが高いことが分かりました汗
そこで、週に一度"階段DAY"を設けたり、退社時に階段を使用してみる…など、負担にならないような工夫をして継続しています。
 
今後もディーエスブランドでは、気軽に実施できる運動を推進していきたいと考えています。
短い距離でエレベーターを使用する際には、「2アップ3ダウン運動」を心がけていただけましたら大変嬉しく思います。
 
\ 健康増進と省エネに向けて階段利用を推奨します! 
2アップ3ダウン運動を応援しています!
TOPへ戻る