本文へ移動

健康経営について

健康経営は戦略的な経営手法
健康経営とは、従業員の健康管理を経営的な視点でとらえ、戦略的に実践する経営手法です。従業員の健康増進にかかるコストを支出コストではなく「健康投資」としてとらえ実践することが重要です。健康経営について企業の認知度は9割と非常に関心が高く、約半数の企業において実践もしくは実践予定といなっています。

企業理念に基づき従業員への健康投資を行うことで、従業員の活力向上をはかり、組織の活性化や生産性の向上につながります。その結果、業績向上や企業価値向上といったプラスの影響が期待されます。

また、従業員の健康を守ることで人材定着を図り、従業員を大切にする姿勢をPRすることで人材採用へも効果があらわれます。

健康経営を取り入れることが、企業活動の好循環を招き、社会の発展に貢献できる企業へと成長を促してくれます。

健康経営のメリット
生産性向上
●生産性向上
従業員が体調不良やメンタルに不安を抱えている場合は欠勤もしくは出勤していても労働生産性が低い状況にあります。生産性が低い状態が続くと企業にとっては大きな損失です。

一方で、従業員が心身ともに健康で働ければ自ずと労働生産性は上がってきます。健全で働きやすい環境を整えるなど、従業員の健康に投資することで、企業全体の生産性が向上します。
生産性向上
●企業イメージの向上
従業員の健康を守る健康経営に取り組むことで企業イメージは向上します。健康経営に関する認定制度などもあり、取得することで公表・検証されたり公共調達の加点要件となったりとさまざまなメリットがあります。

また、健康経営の取り組みをホームページで公表することで採用活動の際に応募が増えるなどの効果も期待できます。
リスクマネジメント
●リスクマネジメント
健康経営の取り組みは、労働災害の防止の観点からも有効です。あらゆる業種で従業員の高齢化が顕著になってきており、労働災害の防止は企業にとっても重要事項です。従業員の負傷や病気だけではなく、勤務中に健康上の理由で事故を起こした場合などは企業の存続に関わる場合もあります。

生産年齢人口が減少し、労働力不足となってきている時代だからこそ、健康で長く働いてもらうための健康経営は非常に重要となっています。

健康経営優良法人
「健康経営優良法人認定制度」は、経済産業省が創設した健康経営に取り組む優良な大企業や中小企業を顕彰する精度です。「健康経営優良法人」に認定されると、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的な評価を受けられます。

2017年に創設された制度で、歴史は浅いですが年々取得企業は増えており、2022年度分の申請数は大企業部門で2869法人(前年比13.7%増)、中小企業部門で12849法人(前年比36.6%増)と多くの企業が認定を目指しています。

おりこうブログHRには健康経営優良法人認定に向けて支援する機能も搭載しています。より深く健康経営に取り組むためにぜひ活用してみませんか。

健康経営優良法人 取組事例

おりこうブログHRで
健康経営に取り組みませんか?
無料体験版のお申し込みは24時間受付中。その他製品の導入や機能についてお気軽にお問い合わせください。
TOPへ戻る