本文へ移動

社員インタビュー

スタッフブログ

群馬県のご紹介

2020-03-10
こんにちは、総務部の荒木です。
 
当社で働く社員へインタビューをするこの企画、第4回目になりました。
今回は、群馬県で営業を担当している、井上 翔太さんです。
よろしくお願いいたします。
 

 
■まずは、ディーエスブランドに入社したきっかけを教えてください。
大学卒業を控えた就職活動中に、ディーエスブランドと出会いました。
当時、鳥取県の大学に通っていましたが、就職先は地元である長崎県を希望し、長崎県の企業を受けていました。
ディーエスブランドの説明会に参加した際、会社の雰囲気も良く、ホームページという身近なものに携われることから、全国転勤があるとしてもこの会社で働きたいと思い、入社いたしました。


■では、毎日の業務内容を詳しく教えてください
群馬県で営業を担当しています。
主に、お客様の解決したいお悩みに対応したホームページ活用をご提案しています。また、おりこうブログを導入いただいたお客様とのデザイン打合せや操作のご案内等の対応、販売パートナーであるリコー様への販促活動を行っています。
おりこうブログの評判やホームページでの成果を一番近くで感じることができ、とてもやりがいを感じます。

 
■最後に、プライベートの過ごし方を教えてください
現在住んでいる群馬県のことを知る為、休日はいろいろなところに出掛けることが多いです。
配属当時に、群馬県のローカルトークについていけるよう、観光地や名産を勉強しよう!と思ったことがきっかけで、現在も続いています。
群馬県には35の市町村があるのですが、訪れていない町村は残り3つというところまで来ています。
全市町村制覇することが目標です!
そんな群馬県を満喫している私ですが、配属されるまでは群馬県について何も知りませんでした。
きっと同じような方も多いのではないでしょうか。
そこで、皆さんにも群馬県について知っていただきたく、私が訪れた場所を撮影した写真とともに紹介したいと思います。
知っていただくだけでなく、群馬県に親近感を持っていただきたいので、長崎県の観光地との共通点を挙げていきます。
意外と長崎と群馬は近しいところがある?!」と思っていただければ大変幸いです。
※共通点は私の独断と偏見によりますので、無理があるかもしれませんがご容赦ください。 
 
1.夜からも見どころ!幻想的な観光地
長崎県で、夜に幻想的な雰囲気が楽しめる有名な観光地といえば、皆様ご存知の「ハウステンボス」が挙げられると思います。
関東でもCMが放映されており、全国規模の観光地であることを実感させられました。
群馬県で同じく幻想的な雰囲気が素晴らしい観光地である「草津温泉」を紹介させてください!
草津温泉(青や紫の色が幻想的です)
青や紫の色が幻想的です
草津温泉で猫を発見
尾曲がり猫ではありませんが、猫もいます
もうもうと上がる湯煙がライトアップされ、非日常的な時間を過ごすことができます。
 
 
2.異国情緒あふれる建物
長崎県といえば、大浦天主堂やグラバー邸などの異国情緒を楽しめる観光地が有名です。
群馬県にも、まるで海外に行ったかのような雰囲気を楽しめる場所があります。
それは「ロックハート城」です。
ロックハート城
建物の正面は頻繁に映画・ドラマのロケで使われます
ロックハート城
暗くなるとモンスターが出てきそうな雰囲気です
これまでの人生の中で、西洋の城を訪れることがなかったので「異国情緒」を通り越して「異国」を感じました。
 
 
3.長崎県にも群馬県にも存在する「眼鏡(めがね)橋」
最後に、両県に存在する「眼鏡(めがね)橋」を紹介したいと思います。
長崎市内の中島川にかかる眼鏡橋は日常的に使う方も多い身近な存在ですが、群馬県の「めがね橋」は険しい峠の途中にあります。
正式名称を碓氷第三橋梁(うすいだいさんきょうりょう)といいます。
雪の時期に訪れたのですが、長崎県の眼鏡橋と規模や環境が違いすぎて、笑ってしまいました。
碓氷第三橋梁
当たり前のように雪が降ります
碓氷第三橋梁
もちろん渡ることができます
▼参考
長崎県の眼鏡橋 …長さ22m、川面までの高さ5.46m
群馬県のめがね橋…長さ91m、川面までの高さ31m(日本最大の煉瓦づくりアーチ橋)
 
群馬県の紹介は、以上になります。
これを機に群馬県について知っていただき、興味を持っていただけましたら幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました!
TOPへ戻る