本文へ移動

Webで行う採用活動の、初歩の初歩を解説

Webで行う採用活動の初歩の初歩を解説
スマートフォンやSNSの普及により、企業が行う採用活動はさまざまな変化が起こっています。スマートフォンの普及率に伴い、誰もがインターネットで簡単に情報を得られる時代であるため、就職情報も簡単に検索できるようになりました。
 
また、高齢化がすすみ、ますます人材の獲得が難しいとされる現代。時代の変化とともに、採用活動も多様化する状況です。
 
そこで今回は、採用活動にお役立ていただける3つのヒントをご紹介いたします。ぜひ、今後の採用活動の参考にご覧ください。

自社が運営する採用サイトや採用ページで募集

自社が運営する採用サイトや採用ページで募集
インターネットが普及した現代、最も一般的になった方法が自社のホームページに求人情報を掲載し、求職者へPRする方法です。
 
採用のポータルサイトも増えた昨今、なぜ自社運営の採用サイトや採用ページが依然重要なのでしょうか?
 
採用ポータルサイトでは、あらかじめ決められた項目や枠に掲載するため、文章量やデザイン的な表現方法が限られます。
また、求人情報を掲載するとコストが定期的に掛かってしまうことがほとんどです。
 
その点、自社でホームページを作成すると、コストを抑えられるだけでなく、PRしたい魅力や伝えておきたい情報を余すところなく掲載できます。
 
求職者は、かならず一度は気になっている会社のホームページを訪れると言われています。他社と差別化を図るためには、企業の魅力を十分に伝える必要があります。ぜひ採用に関わるコンテンツの充実化をお試しください。
 
▼募集要項の次に作成する内容に困った方は、次のコンテンツを参考にご覧ください。 

●先輩社員のメッセージ

先輩スタッフから求職者へ向けたメッセージを顔写真を添えて掲載することで、親近感や安心感を持っていただくことができます。
 

●一日のタイムスケジュール

実際に働いているスタッフの一日の流れを掲載し、より仕事について知って貰う事で応募のハードルが下がります。

SNSを利用して募集

SNSを利用した採用募集
ここ数年は、スマホで撮影した写真を気軽に公開できることで、最近若者を中心に人気が広がっているソーシャルメディアInstagram” “twitter” “Facebook” “ LINE@を利用した採用活動も活発になってきています。
日本でも、多くの企業がFacebookに採用ページを持ち、採用情報の発信やエントリー希望者、内定者とのコミュニケーションに役立てています。
 
リアルタイムで情報が発信できること、認知度の拡大が見込めること、などが大きなメリットです。

採用パンフレットで募集

採用パンフレットで募集
自社のホームページや採用のポータルサイトでは、どうしても訪問者を待つ受け身の態勢になってしまいます。2つめにご紹介したSNSについても、SNSを利用している方には最大のPRですが、SNSを利用していない方へのPRに欠かせないのは紙媒体での募集です。
 
“学校の就職課” “スーパーや娯楽施設” 自社が最も欲しい人材が出入りする場所へ採用に特化した会社案内や、チラシを配置することで目にとまり、応募のきっかけになります。

最後に

まずは欲しい人材、採用活動にかけられる予算などを明確にしてから、それらに合わせた最も効果的で、効率の良い採用活動をご検討ください。
 
以下の関連ページでもコストを抑えた採用活動のポイントを紹介していますので、こちらもご覧いただければ幸いです。
TOPへ戻る