本文へ移動

文章をしっかり書けば検索順位が上がる! SEOと文字数の関係とは?

文字数が多いページはSEOに有利
  • 「Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンからのアクセスが少なく、集客できていない」
  • 「SEOキーワードはしっかり設定しているのに検索順位が上がらない」
 
そんな方は、Webサイトの1ページあたりの文字数を増やして情報を充実させましょう。
文章がしっかり書かれているページは検索エンジンの評価が高くなり、上位を獲得できる可能性が高くなります。なぜ文字数が多いページはSEO(検索エンジン最適化)に有利なのか、具体的に解説します。

目次

 
 

文字数の多いページがSEOでアクセスを集めやすい理由

検索エンジンはどんなページを上位に配置するのか?

検索エンジンはクオリティが高いページをランキング上位に表示する
なぜ文字数の多いページが検索上位を獲得しやすいかを考える前に、Yahoo!やGoogleはどんなページを検索上位に配置するのかを初歩からきちんと確認してみましょう。
 
検索エンジンは基本的にクオリティが高いページを検索結果の上位に表示します。
 
ただし、これだけでは漠然としすぎていてよくわかりません。
 
クオリティが高いページとはどんなページのことでしょうか?

クオリティが高いページとは検索ユーザーの疑問を解消できるページのこと

クオリティが高いページとは検索ユーザーの疑問を解消できるページ
結論からいえば、クオリティの高いページとは検索ユーザーが知りたい情報をわかりやすく的確に提示しているページのことです。
 
検索ユーザーは自分が知りたい情報を求めて、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンにキーワードを打ち込みます。
 
いわばキーワード検索は検索エンジンに質問をしているようなものです。
 
それに対して、検索エンジンは入力されたキーワードから「この検索ユーザーはこんな情報を知りたいと思っているはずだ」と判断して、質問の答えとなるようなページをまとめて検索結果に表示します。
 
つまり、検索ユーザーと検索エンジンのあいだには質問と回答、Q&Aの関係が成り立っているわけです。
 
そして、クオリティの高いページとは検索ユーザーの質問にうまく合致してそのニーズを満たせる情報が掲載されているページになります。

検索エンジンは文章でクオリティを判断している

検索エンジンはクローラーの情報を頼りに検索結果を作成している

検索エンジンはクローラーの情報を頼りに検索結果を作成している
それでは、Googleはページのクオリティをどのように判定しているのでしょうか?
 
実は、検索エンジンはほとんど文章を頼りにコンテンツのクオリティを判定しているのです。
 
検索エンジンはクローラーと呼ばれるコンピュータープログラムを各Webサイトに派遣して情報を読みとらせています。
 
クローラーはその情報を検索エンジン本部のデータベースに持ち帰って整理・登録します。この作業をインデックスといいます。
 
検索ユーザーからAというキーワードで検索されたとき、Googleはインデックスされている膨大なデータの中からキーワードAに関係があってユーザーのニーズを満たせる可能性が高いページを引き出し、上から順番に並べているわけです。
 
検索エンジンはこのような仕組みで動作しています。
 
※クローラーやインデックスについて、もっと詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

クローラーは画像が読みとれず、文章の内容しか理解できない

検索エンジンのクローラーは画像の内容を理解できない
そして、Webサイトの調査・情報収集をおこなっているクローラーには大きな弱点があります。
 
クローラーは画像や動画の内容を直接読みとることができないのです。
 
人間なら犬の写真を見れば一瞬で「ああ、犬が写っているな」と判断できますが、コンピュータープログラムにすぎないクローラーにはどんな画像なのかが分かりません。
 
クローラーが把握できる情報は基本的にテキスト、つまり文章だけなのです。
 
検索エンジンはクローラーが収集した情報しか判断材料にできないので、ページのクオリティを決定する最大の要素はページ内の文章であるといってよいでしょう。
 
※そのため、どれだけきれいなデザインのホームページを制作したとしても、肝心の文章がスカスカだと著しく集客が困難になります。
詳しくは以下のページをご覧ください。

ページの文字数は検索順位に影響するのか?

ページ内の文字数は検索順位に影響するのか?
SEOではページ内のコンテンツ、とりわけ文章が検索順位を決める最大の要因となっていることがわかりました。
 
それでは、文章の合計文字数はYahoo!やGoogleなどの検索順位に関係しているのでしょうか?
 
この答えはYesです。
 
実際、検索順位がなかなか上がらないページにテキストを追加して情報量を充実させると、検索順位が改善した例を多数見てきました。
また、検索結果を見ると大抵1000文字以上のページが上位を独占しています。
 
事実上、ページ内の文字数はSEOに大きく影響していると考えたほうがよさそうです。

Googleは文字数と順位は関係ないと言っているが…

Googleの公式発言では文字数は順位に関係しないとのことだが、実際に上位が文字数の多いページで占められているのは何故か?
しかし、Googleの社員は「検索順位確定のアルゴリズムでは文字数を判断材料にしていない。よって単純な文字数を気にする必要はない」と公式に発言しています。
 
Yahoo!も、Googleの検索アルゴリズムを流用しているので、大半の検索エンジンでは順位に文字数は直接影響しないというのが公式見解であるということになります。
 
ですが、実際にキーワード検索してみて上位に表示されているページを見ると、情報がふんだんに掲載されていて文字数が多いページが多いように見受けられます。
 
Google自身は検索順位に文字数は直接関係しないと言っているにもかかわらず、実際には文字数の多いページがSEOで有利な傾向がある・・・。
このような矛盾はなぜ起きているのでしょうか?

質の高いコンテンツを作ると自然と文字数が増える

SEOで高クオリティとみなされるページは文字数が多い傾向がある
それは、Googleが高クオリティであると認めるようなページは、文字数が多く情報量が充実しているページであることが多いからに他なりません。
 
どういうことなのか、Googleが公式に発表しているコンテンツのガイドラインを引用しながら解説します。
 
検索エンジンの運営会社自身が発表しているものなので、SEOの世界では最も信頼性が高い資料といってよいでしょう。
 
以下に引用するテキストはSEOを進めるうえで教科書となるような第一級の資料なので、ぜひ熟読してみてください。
 
なお、特に注目してほしい部分はこちらで太字にしています。

Google公式資料1. 質が高いコンテンツを作成するポイント

  • 有益で情報が豊富:レストランに関するサイトを立ち上げるなら、所在地、営業時間、連絡先情報、メニュー、今後のイベントを知らせるブログなどのコンテンツを掲載することができるでしょう。
     
  • 他のサイトより価値が高くて役立つ:犬のトレーニング方法を紹介する場合は、犬のトレーニングに関するウェブ上の他の記事よりも高い価値を提供したり、異なる視点から書かれた記事を掲載したりします。
     
  • 信頼性がある:独自の調査、引用、リンク、レビュー、証言などを通じて、サイトの信頼性を示します。著者の経歴や実際の顧客からの証言などを掲載すれば、サイトの信頼性や評価を高めるのに役立ちます。
     
  • 高品質:サイトのコンテンツはユニークで、個別で、質の高いものでなければなりません。大量生産されたコンテンツや、他の多数のサイトに委託したコンテンツは望ましくありません。コンテンツは、検索エンジンで上位に掲載されるためではなく、優れたユーザー エクスペリエンスの提供に主眼を置いて作成してください。
     
  • ユーザーを引き付ける: 商品やチーム、作者自身の画像を追加することで、サイトに色どりやリアリティをもたらします。スペルミス、不自然な文体、事実誤認などでユーザーが不快にならないようにします。また、広告の量が多すぎることも、ユーザーが不快になる原因になります。定期的な更新、コメント ボックス、ソーシャル メディア ウィジェットを通じて交流しながら、ユーザーを引き付けます。
     
 

Google公式資料2.  良質なサイトを作るためのアドバイス

  • あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
  • この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
  • サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
  • あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
  • この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
  • このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
  • この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  • 同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
  • コンテンツはきちんと品質管理されているか?
  • この記事は物事の両面をとらえているか?
  • このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
  • 次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
  • コンテンツが外注などにより量産されている
  • 多くのサイトにコンテンツが分散されている
  • 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
  • 健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
  • サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
  • 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  • 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
  • ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
  • 記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
  • 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
  • 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
  • ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
  • このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?
 

文字数が少ないページでGoogleのコンテンツの基準を満たすのは困難

太字の部分に注目していただくとおわかりになるかと思いますが、どれも少ない文字数のページでは達成困難な条件です。
 
  • 有益で情報が豊富
  • 著者の経歴や実際の顧客からの証言などを掲載すれば、サイトの信頼性や評価を高めるのに役立ちます。
  • この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  • この記事は物事の両面をとらえているか?
  • 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
  • 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  • 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
  • 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
 
特に以上の箇所を意識して文章を書いていくと、別に文字数を増やそうと思わなくても自然と文字数は増えていくでしょう。
 
さらに、「記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?」も重要です。
 
Googleは文字数が多いからといって上位に設置することはないと公言していますが、同時に短い記事はあまり評価しないとも言っているのです。

情報量が豊富で文字数が多いページはGoogleから高評価を得やすい

情報量が豊富で文字数が多いページはGoogleから高評価を得やすい
これらの内容を踏まえると、
  1. Googleは文字数が多いからといって単純に順位を上げているわけではない
  2. だが、Googleが高評価するようなコンテンツを作ろうとすると自然と文章量が増えていく
  3. よって、「文字数は直接順位には関係しない」というGoogleの発言にもかかわらず、結果的に文字数の多いページが検索上位を多く占めている
 
よって、文字数が多く情報量が充実したページを作るほど、検索エンジンの評価が高くなり検索上位も獲りやすいといえます。
 
また、Googleが公式発表している情報以外からも文字数が多いページがSEOで有利な理由は推測できます。
 
次の項目から詳しくご説明します。

文字数が多いと共起語を含みやすい

文字数が多いページは共起語(関連キーワード)を多く含むのでSEOに有利
Googleは文章の内容を読みとってページの内容・クオリティを判断していると説明しました。
では、Googleのクローラーはどのように文章の内容やジャンルを判断して、インデックスしているのでしょうか?
 
そこで重要になってくるのが共起語の概念です。
 
たとえば、お風呂のリフォームのページで以下の2種類のページがあるとします。
 
A.「お風呂」「リフォーム」というキーワードを文章に含んでいる
B.「お風呂」「リフォーム」「バリアフリー」「高齢者」「手すり」「滑りづらい」「温度差」「心臓への負担」というキーワードを文章に含んでいる
 
みなさんが一読しただけでも、「Bはお風呂のリフォームの中でも、バリアフリー化をテーマにしたページなんだな」とすぐに推測できると思います。
 
もし、あなたが「お風呂のバリアフリー化のリフォームについて説明しているWebページを教えてください」と頼まれたら、AではなくBのページを紹介するでしょう。
 
検索エンジンもこのような原理でページのテーマや内容を把握しています。
つまり、検索キーワードに関連しているキーワードを多く含んだページほど検索結果に表示される確率が高くなるということです。
このような関連キーワードのことを共起語と呼びます。

情報量が豊富で文字数が多いほど共起語が含まれ、SEOで有利

情報量が豊富で文字数が多いページは、自然と多様な共起語を文章中に含むようになります。
そのため、文字数が多いページほど検索ユーザーのニーズを満たせるページだと判断されて、上位を獲得できる可能性が高くなるわけです。
 
逆にいえば、対策しているキーワードの共起語を多く含むようにページ内の文章を書けば、SEOに有効で上位を獲得しやすいページが作れるというわけです。

文字数が多いと多様な検索キーワードでヒットする

1ページ単位でSEOの集客力を高めるには以下の3つの方法があります。
 
  1. 検索上位を獲得する
  2. 検索結果に表示されたときのクリック率を上げる
  3. 多種類の検索キーワードでヒットさせる
 
今までは1.の検索上位の獲得を中心に話をしてきましたが、次は3.の「多種類の検索キーワードでページをヒットさせるにはどうすればよいか」という視点でSEOを考えてみましょう。
 
※ちなみに、2.検索結果に表示されたときのクリック率を上げるにはtitleタグやdescriptionタグの最適化が有効です。
以下のページで詳しく説明しているので興味がある方はお読みください。

Googleは基本的にページ内の言葉を検索対象のキーワードとして採用する

Googleは基本的にページ内の言葉を検索対象のキーワードとして採用する
Googleは基本的にtitleタグやページ内の文章に含まれている言葉を、ページに関係するキーワードとして採用しています。
 
そのページのtitleタグや文章内に「千葉県」・「お風呂」・「リフォーム」という言葉が含まれていれば、検索ユーザーが「千葉県 お風呂 リフォーム」で検索したときにページがヒットする可能性が出てくるということです。
 
逆にtitleタグやページ内文章に「千葉県」「お風呂」「リフォーム」が一語も含まれていなければ、そのページが「千葉県 お風呂 リフォーム」の検索でヒットする確率は極めて低くなります。
 
※ただ、最近は検索エンジンの性能がかなり向上しているので、そのものズバリのキーワードがページ内に含まれていなくても、テーマが一致していれば検索にヒットする例も多くなってきました。

文字数が多いと検索対象の言葉も増えるので多様なキーワードでヒットしやすい

文字数が多いと多種類の検索キーワードでヒットしやすい
ページ内の文章量が多くなるほど、自然と含まれるキーワードの種類も増えていきます。
その結果、文字数が多いページは多種多様な検索キーワードでヒットする可能性が出てきます。
 
実際、ホームページを運営していてGoogleサーチコンソールなどのアクセス解析ツールを見てみると、こちらが予想もしていなかったキーワードでアクセスされていることがよくあります。
 
それらの雑多なキーワードでは1位は獲れなくても、検索結果に表示されるかぎりクリックされる確率はゼロではありませんから、細かくアクセスを集められます。

文字数が多いページはロングテールSEOを実現できる

検索ユーザーは単語を組み合わせた、複合キーワードを使うことも多い

検索ユーザーは単語を組み合わせた、複合キーワードを使うことも多い
文字数の多いページは多様なキーワードでアクセスを獲得できる可能性が高くなります。
 
その傾向が顕著に表れるのが複合キーワードでの検索です。
 
検索ユーザーは常に1語だけでキーワード検索をしているわけではありません。
 
具体的に情報を収集したい人はむしろ2語や3語で検索することのほうが多いです。
 
本気でリフォームを考えている人は「お風呂」単独や「リフォーム」単独ではなく、「お風呂 リフォーム」や「千葉県 お風呂 リフォーム」で検索するでしょう。
 
このような複数の単語を組み合わせた検索キーワードのことを複合キーワードと呼びます。

複合キーワードは検索上位を獲りやすく、着実にアクセス数を増やせる

複合キーワードは検索上位を獲りやすく、着実にアクセス数を増やせる
現在のSEOでは、1語のキーワード(ビッグキーワード)よりも、このような複合キーワード(スモールキーワード、ロングテールキーワードとも呼びます)を中心に対策していくのが主流になっています。
 
複合キーワードは検索回数こそ少ないですが、以下の理由から確実にアクセス数と成果を生み出せるからです。
 
  • ライバルサイト数が激減するので、検索上位を獲得しやすい
  • 訪問者が具体的なニーズを持っているので、購入・来店・お問い合わせなどのアクションにつながりやすいコンバージョン率が高い
 
※複合キーワード(スモールキーワード)について、もっと詳細に知りたい方は以下のページをご覧ください。
複合キーワードではひとつずつのアクセス数は小さいですが、多種多様なキーワードからのアクセスが集積することで、長期的に大きな集客につながります。
 
このようなニッチな複合キーワードを多数集めていく戦略はロングテールSEOと呼ばれ、SEOの中でも確実に成果を上げられる手法です。

文字数が多い=複合キーワードの掛けあわせパターンが急激に増えていく

文字数が多い=複合キーワードの掛けあわせパターンが急激に増えていく
前述のとおり、ページの文章中に含まれる言葉はどれも検索キーワードの対象となる可能性があります。
 
また、ページ内の文字数が増えるほど含まれるキーワードの種類は増加します。
 
そうすると、文章量が多いページはキーワードの掛けあわせのパターン数が必然的に大量に増えていくことになります。
 
よって、文字数が多いページは多種類の複合キーワードでヒットする可能性があり細かくアクセスを集められます。

実例:1ページで45種類のキーワードで上位獲得

「会社案内パンフレット作成」ページのGoogleサーチコンソール「検索アナリティクス」で解析したデータ
ここで当サイトの実例をご紹介しましょう。
 
右はおりこうブログDSの会社案内パンフレット作成機能の紹介ページの検索エンジン経由のアクセスをGoogleサーチコンソールの「検索アナリティクス」で解析したデータです(2017年1月31日調査、各数字は1カ月単位)。
クリックすると画像が拡大されるので、ご覧になってみてください。
 
なお、こちらのページのメインコンテンツ部分の合計文字数は約6700字です。
 
実に合計45種類もの検索キーワード(検索クエリ)で上位(10位以内、1ページ目)を獲得し、52種類のキーワードでクリックされていることが分かります。
※ただしサーチコンソールで表示される検索順位は実際に順位とかなりズレがある点はご留意ください。
 
このページは1ヶ月あたり合計400回クリックされていますから、現在と同等の検索順位を維持すれば1年で4800人を集客できる計算になります。
 
文章量が多く情報が充実しているページを作れば、たった1ページでもこれだけの集客力を発揮できるのです。

SEOで集客しやすい文字数とページ作成の注意点

検索上位を獲るのに最適な文字数はあるのか?

SEOに最適な文字数は諸説あり、決定的なラインは存在していない

SEOに最適な文字数について、決定的なラインは存在しない
SEOでアクセスを増やすにはページ内の文字数を増やすのが重要であることは、ここまでのご説明でご理解いただけたかと思います。
 
そこでみなさんが気になっているのが「SEO効果を高めるには文字数が重要といっても、実際どれくらいの量の文章を書けばいいのか?」ということではないでしょうか?
 
SEOに最適な文字数については諸説あり、決定的なラインは存在していないのが現状です。
 
「最低500文字程度はほしい」「いや、1000字はないとダメだ」「これからは2000字以上ないと厳しい」など、ホームページ制作会社やSEO業者のなかでも意見が分かれています。

積極的に検索上位を狙いたいページでは、2000字以上を目指すのがオススメ

ちなみに、当サイトで検索上位(10位以内で1ページ目に表示)を獲得しているのは文字数4000字以上のページが多いです。
 
確実に上位獲得したいキーワードで対策したページであれば、2000~4000字以上はほしいところでしょうか。
 
ただし、商圏が県内に限られていて「宮崎県」や「大阪市」などの地名キーワードが利用できるホームページでは、ライバルサイト数を大幅に削れるので、ここまでの文字数がなくても上位表示が可能なケースも多いでしょう。
 
ニッチな分野の事業やニッチなテーマのキーワードで対策している場合も同様です。

検索キーワードによって最適な文字数は違う

SEOの本質はQ&Aであることを理解すれば最適な文字数が違う理由も分かる

SEOの本質はQ&Aであることを理解すれば最適な文字数が違う理由も分かる
結論をいえば、SEOでの文字数のラインはそこまで厳密に考える必要はありません。
なぜなら検索キーワードによって最適な文字数は異なるからです。
 
ここで検索エンジンの本質を見直してください。
 
検索ユーザーが入力するキーワードは質問であり、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンが返す検索結果は答えです。
 
検索ユーザーと検索エンジンはQ&Aの関係にあります。
 
そして、検索エンジンは検索ユーザーの質問に対する、最適の答えが掲載されているページを上位に置きたいと考えています。
 
この基本を再確認すれば、検索キーワードによってページの最適な文字数が異なるという理由が、みなさんにもだんだん分かってくるはずです。

端的な内容が求められることもあれば、深い内容が求められることもある

検索キーワードによって最適な文字数は変動する
みなさんが他人に質問するときのことを考えてください。
 
懇切丁寧にじっくりと説明してほしいときもあれば、短い言葉で即答してほしいときもあるでしょう。
 
検索エンジンもそれといっしょです。
みなさんが「東京 天気」と打ちこんで検索するときに求めているのは、東京がその日に晴れか雨か、降水確率はどれくらいかを端的にまとめた情報のはずです。
 
「東京 天気」で検索したときに、東京の天気について環境学の見地から深く考察した2万字以上の論文ページが検索上位に出てきても困惑するだけでしょう。
 
実際、「東京 天気」でGoogle検索したとき、そんな専門的な長文のページは上位にヒットしません。文字数さえ多ければ上位獲得できるわけではないことの証拠です。

検索上位のライバルサイトの文字数をチェックして、目安を考える

「検索上位を獲得するにはどれくらい文章を書けばいいんだろう?」と迷ったときには、とりあえず想定しているキーワードで実際にGoogle検索してみて、上位のページの文字数をカウントしてください。
 
文字数のカウントには、以下のサイトが便利です。

文字数カウントツール 【文字数カウント】 - ODN

 
サイト上の空欄に文章を貼り付けて、「字数を数える」ボタンを押すだけで文字数をカウントできます。
Yahoo!やGoogleなどで「文字数カウント」というキーワードで検索すると1位に出てくるので、簡便性も高いです。
【文字数カウント】 - ODN

文字数が多くても情報がスカスカなら評価されない

文字数が多くても情報がスカスカなら評価されない
SEOにおいて文字数が重要といっても、単に冗長で文字数を稼いでいるだけの長文では上位獲得は不可能です。
 
情報がスカスカの文章では検索エンジンの高評価は得られません。
 
さらに付け加えていえば、万一そんなページが上位を獲得できたとしても、アクセスした訪問者は失望してすぐに離脱してしまうでしょう。
 
たとえ検索上位を獲得しても、訪問者のアクションにつなげられなければ売上げは一銭もアップしないのですから意味がないのです。
 
文章量には質がともなっていなければ、検索上位を獲ることはできませんし注文やお問い合わせなどのコンバージョンも獲得できません。

コピーコンテンツで文字数を増やしても逆効果

コピーコンテンツで文字数を増やしても逆効果
文字数稼ぎのために、他のページの文章をコピー&ペーストしただけのコンテンツも重複コンテンツと見なされて検索エンジンの評価が下がるので逆効果です。
 
特に御法度なのが、他人が運営しているサイトの文章をそのままコピーして掲載する行為です。
 
検索エンジンからペナルティを受けるだけでなく、著作権侵害として訴訟されるリスクもありますので厳に謹んでください。
 
ただし、他のサイトの内容を参考資料としてページ内で紹介したい場合は、本ページのGoogleの記事の紹介部分のように出典を明確に記載すれば引用できます。

異なるテーマの文章の混在は避けるべき

異なるテーマが混在すると、どの検索キーワードでもヒットしづらくなる

また、文字数を稼ぐために1ページ内に異なるテーマの内容を混在させるのは逆効果に終わることが多いです。
 
たとえば、建築会社のWebサイトで新築の内容を2000字、リビングのリフォームの内容を2000字、お風呂のリフォームの内容を2000字書き連ねて、1ページにまとめているような状態です。
 
このようなページでは、検索エンジンのほうも『「新築」で検索されたときに、このページをヒットさせればいいの? それとも「リビング リフォーム」? はたまた「お風呂 リフォーム」?』と、どのキーワードでヒットさせればいいのか決めあぐねてしまいます。

テーマが混在しているページは、検索ユーザーへの明確な回答にならない

テーマが混在しているページは、検索ユーザーへの明確な回答にならない
検索エンジンは内容がひとつのテーマに特化されているページを好み、上位に配置します。
 
ひとつのテーマに特化しているページのほうがSEOに有利である理由は、このページの冒頭でご説明した「検索ユーザーと検索エンジンはQ&Aの関係にある」という大原則を思い出していただければ簡単に理解できます。
 
「どんなリビングのリフォームをしてくれるのか教えて?」と質問したときに、「新築はこう施工して、リビングのリフォームはこう施工して、お風呂のリフォームはこう施工して・・・」とだらだらと回答されたら、みなさんはどう思いますか?
 
「いや、自分が知りたいのはリビングのリフォームの情報だけなんだけど・・・。関係ない情報を挟まないでほしい」と感じるはずです。
 
テーマが混在しているページは、これといっしょで検索ユーザーの質問に対するダイレクトな回答になりえないのです。
よって、テーマが特化されているページよりも順位は低くなりがちになります。

テーマごとにページ分けすることで、各キーワードで上位表示が狙える

自社が提供する商品・サービスが複数のカテゴリーに分かれる場合は、「新築の紹介ページ」「リビングのリフォームの紹介ページ」「お風呂のリフォームの紹介ページ」など、それぞれページ分けして特化した内容の文章をしっかり書いていきましょう。
 
それぞれのページのクオリティを高めていけば、「●●県 リビング リフォーム」や「●●県 お風呂 リフォーム」などの各テーマキーワードで上位を独占することも可能です。
特化した内容でページ分けして、それぞれのSEOキーワードで1位を狙おう

ただしトップページやカテゴリーページでテーマが混在するのはやむをえない

ただし、トップページや「事業紹介」などの目次となるカテゴリーページはその性質上、異なるテーマの内容を混在させざるをえません。
そのため、これらのページではSEOよりも、デザインや各下層ページへのアクセスのしやすさに重点をおいて構成してください。
 
しかし、保育園と老人介護施設、建築業とガソリンスタンド、製造業と飲食店など、完全にターゲット層も対策キーワードも異なる事業を同時におこなっている企業もあるでしょう。
 
その場合は、いっそ事業ごとにそれぞれ独立したホームページを与えたほうがSEO効果も高まりますし、訪問者も求めている内容にアクセスしやすくなります。

長文を書くときはWordで下書きするのがオススメ

ちなみに、文章を執筆するときはホームページビルダーやWordpressなどのホームページ作成ソフトやCMSに直接書きこむのではなく、一度MicrosoftWordやメモ帳に下書きしたほうがよいでしょう。
 
どんなに使い勝手がいいホームページ作成ソフトでも、文章執筆専用のソフトではないので長文を書くのには効率が悪いです。
 
特にWordは文字数が自動的にカウントされるので、SEOを意識した文章を書くときの下書きにはお勧めです。
 
文章が完成したら、ホームページ作成ソフトを立ち上げてコピー&ペーストで文章を入れこんでページを作ってください。

ページ内には文字だけでなく画像も設置しよう

文章だけだと離脱されてしまうので、画像も適度に使おう
いくら文字数が多いページがSEOに有利とはいえ、文章しかないページでは訪問者の集中力が途中で切れ、離脱されてしまいます。
 
ページ内には適度に画像を挿入するようにしましょう。
画像を設置する時はaltタグ(代替テキスト)に有効なキーワードを入れることも忘れないでください。SEO効果がさらに高まります。

ちなみに、弊社の企業向けホームページ作成ソフト・おりこうブログDSなら画像素材も自由にダウンロードして利用できます。「ページの途中で幸せな家族のイメージ写真を設置したい」という場合でも素材配布サイトを探しまわる手間が省け、効率的に編集作業がおこなえます。

文字数が多くSEOに強いページを効率的に作るには?

HP担当者は多忙なのでSEOでは選択と集中が大事

ホームページ担当者は時間がないのでコンテンツ作りの効率化は必須

ホームページ担当者は時間がないのでコンテンツ作りの効率化は必須
ここまでお読みいただいたなかで、「文字数を増やせばSEOに効果的っていわれても、そんな長文を書くなんて面倒だし時間もないよ!」と感じた方も多いのではないでしょうか?
 
大企業でもないかぎり、ホームページの担当者は1人~2人であることが多く、大抵は他の業務も兼任しています。
ホームページのコンテンツ作成のみに専念する余裕がないことも多いでしょう。
 
そのため、SEOで集客するには効率的に無駄なくコンテンツ作りを進めていく必要があります。

特に検索順位を上げたいページに集中的に時間と労力を投入すべき

特に検索順位を上げたいページに集中的に時間と労力を投入すべき
効率よくSEOで集客するには、「全ページで長文を書く」のではなく「特に検索上位を獲りたいキーワードが設定されたページでは、文章を多めに書く」というように労力を傾斜配分してみましょう。
 
ホームページ担当者に与えられている時間は有限なので、SEOではこのような選択と集中は必須です。

商品・サービスのページに集中的に力を注ぐべき

特に重視して文章を書くべきコンテンツは、商品・サービス紹介のページ

特に重視して文章を書くべきコンテンツは、商品・サービス紹介のページ
商品・サービスを紹介しているページはサイト内で最も力を入れて作らなければいけないコンテンツです。
 
「商品紹介」や「事業紹介」の1ページにすべての内容を詰めこむのではなく、分野別にページをカテゴリー分けしてください。(「商品紹介」や「事業紹介」のページは各カテゴリーの入り口となるバナーボタンを配置した目次ページとして活用する)
 
その中でも重点的に集客したい分野のページには文章をしっかりと書いて、文字数を増やしていきましょう。
 
逆に、優先度が低い分野のページは初期段階では作りこみを軽く済ませて、重点分野のコンテンツ作りが完了し次第、逐次内容を追加していくといった程度で構いません。

売れ筋や利益率の高い商品・サービスのページでは文字数を増やそう

同様に、商品が数十、数百ある場合はすべての商品に対して2000字以上の説明文を書くのは時間的に困難です。
 
この場合も、まずは人気商品や利益が大きい商品のページには重点的に労力を投入して、詳細な説明文を記載します。その他の優先度が低い商品については、主要商品のページ作りがひと段落ついてから充実化させていきましょう。
 
最終的に全商品のページに充分な量の文字数が備わり、検索で引っ掛かるようになってくれば、Amazonと同じように様々な商品で売上げを獲得することができるようになります。
これをロングテール戦略といいます。

コンテンツ作りには他の社員にも協力してもらう

SEOは文章というアナログな部分が肝なので他の社員にも協力してもらえる

SEOは文章というアナログな部分が肝なので他の社員にも協力してもらえる
何度もお話しているようにSEOで一番重要なのは、ページ内の文章です。
Web関係の高度な知識も高いデザインの技術も必要ありません。
 
「検索ユーザーが必要としている情報を、しっかりとした文章で提供できているか?」という非常にアナログ的かつ本質的な部分で検索順位は決まるのです。
 
とすると、コンテンツ作りにはホームページ担当者以外の、Webやパソコンの知識があまりない人にも十分協力してもらえることになります。

全社員の知識や経験をテキスト化して、SEOの集客に結びつけよう

全社員の知識や経験をテキスト化して、SEOの集客に結びつけよう
営業社員や店頭スタッフからは、Wordやメールで構いませんから、セールストークやコンテンツのネタになりそうな体験談を提供してもらいましょう。
 
口頭でインタビューしてホームページ担当者がそれをテキスト化するという方式でも大丈夫です。
 
ホームページ担当者にコンテンツ作りをすべて任せるのではなく、全社員の知識・経験をコンテンツ化して集客するという意識を持って、企業ホームページを運営しましょう。
 
実を言うと、企業ホームページの集客が成功するかどうかは、このようなホームページを直接編集する前の段階の作業によって大きく左右されます。

文章を書くのが大変でも、SEOに注力すべき理由

文章を書くだけで集客できるSEOは圧倒的に楽

他の広告媒体では、文章を書いた段階では何の集客効果も発揮しない

「文字数が多いページを作るのが面倒だ・・・」という人にここで確認してもらいたいのは、文章を書くだけで集客につながるSEOはむしろ抜群に手軽で楽な広告手段だということです。
 
他の広告媒体を考えてみてください。
 
ダイレクトメールや新聞の折り込みチラシでは、キャッチコピーや文章の試案を広告会社に提出するのはあくまで工程の第一段階にすぎません。そこからデザインや発信エリアの打ち合わせ、発送の手続きなど多大な手間・時間・費用をかけたあとに、初めて集客効果を発揮します。
 
TVやラジオCMもいっしょで「こんなCMを作ってほしい」とオーダーを記入した文章を制作会社に提出した段階では、映像は影も形もないので何の宣伝効果も発揮していません。

SEOでは文章を書き終わった時点で7割がたの作業が完了している

SEOでは文章を書き終わった時点で7割がたの作業が完了している
しかし、ホームページとSEOは違います。
新しいページを追加するときに必要な作業は、原稿ができあがった段階で7割がた完了しています。
 
もちろん商品の写真や動画を撮影する手間はありますが、それはチラシやダイレクトメール、TVCMの場合も変わりません。
 
特に、弊社の企業向けホームページ作成ソフト・おりこうブログDSのような、社内で簡単にページ追加ができるサービスを使えば、制作会社への指示や作業費の支払い手続きも必要ありません。

しっかり書いた文章は永続的に集客効果を発揮する

情報量と文字数が多いページは長期間集客に貢献し、会社の財産になる

情報量と文字数が多いページは長期間集客に貢献し、会社の財産になる
さらに重要なことがあります。
一度ホームページに掲載した文章は検索結果に表示されるかぎり、永続的に集客効果を発揮しつづけます。
 
ダイレクトメールやチラシ、CMでは発信直後に強力な宣伝効果を発揮しますが時間が経つにつれ、急激に効果が衰えていきます。
 
これらの広告媒体を用いて持続的に宣伝効果を発揮しようとすれば発信回数を増やすしかありません。
それは、当然のことながら莫大な広告宣伝費の発生を招きます。

SEOは効果が出るのは遅いが、持続的に集客効果を発揮する

SEOは効果が出るのは遅いが、持続的に集客効果を発揮する
SEOはダイレクトメールやCMに比べて、宣伝の即効性はありません。
有益な情報を含んだ文字数の多いページをがんばって作っても、その次の月からいきなり売上げが30%増えた、なんてことはなかなかないでしょう。
 
現に当サイトで検索上位(10位以内)を獲得したページは、どれも順位の浮上に2~3ヶ月を要しました。
なかには、順位をじわじわと上げ8ヶ月以上経ってようやく10位以内を獲得したページもあります。
 
しかし、これら遅咲きのページたちは現在も検索上位を維持し、1ページにつき毎月数十人から数百人をホームページに集客しつづけてくれています。
 
もし、文章を書く手間を惜しんで、文字数も情報量も少ない貧弱なページを作っていれば、検索上位は獲れなかったでしょうし、万一獲れたとしてもライバルサイトに一瞬で追い抜かれてしまっていたでしょう。

情報量と文字数が多いページは長期間集客に貢献し、会社の財産になる

情報量と文字数が多いページは長期間集客に貢献し、会社の財産になる
  • 検索ユーザーの役に立つ質の高い情報を掲載する
  • 内容の濃い文章をしっかりと書く
 
どちらも簡単なことではありませんし、手間もかかります。
 
ですが、充実したページを作るのは簡単ではないからこそ、完成したときには長期的に集客効果を発揮する会社の財産になるのです。
 
みなさんも中身の濃いページ作りをして、長期的な集客増加と売上げアップを目指してください。
 
※このような質の高いページ(コンテンツ)を継続的に追加していくことで、永続的に集客を目指す手法をコンテンツSEOと呼びます。
以下で詳しく解説していますので、こちらもぜひご覧ください。

今回の内容のまとめ

  • 文字数が多いページはSEOで有利。検索順位も上がりやすくアクセスも集めやすい。
  • Googleは単純に文字数が多いページだから掲載順位を上げているのではない。Googleが高評価する内容の濃いコンテンツは文字数が多くなる傾向にあるので、自然と文字数の多いページが検索上位を独占している。
  • 特に検索上位を狙いたいキーワードが設定されているページでは合計2000字以上はほしいところ。しかし、これは絶対の基準ではない。
  • 検索キーワードによって最適な文字数は違う。まずは実際にYahoo!やGoogleで狙っているキーワードで検索し、上位のページを見ながら目標とする大体の文字数を決めたほうがよい。
  • ホームページ担当者の時間が限られているので、最初は商品・サービスの紹介ページを集中的に作るべき。
  • 文字数・情報量が多く中身の濃いページを作るのは大変。しかし、ダイレクトメールや折り込みチラシ・CMなどの広告媒体と比べると、文章を書くだけで大体の作業が完了するので、SEOはむしろ圧倒的に手軽な広告手段である。
  • 力を入れて作成したページは永続的に集客しつづける会社の財産になる。

こちらの関連ページもご覧ください

SEO対策の初心者はページ数を増やすことから始めよう! ホームページの集客とページ数の関係とは?
コンテンツSEOとは? メリットとデメリット、実施する際の具体的な手順をWebマーケティング初心者へ解説!
アクセス数を増やせる、良質なSEOコンテンツの作り方を徹底解説!
トップページの検索順位にこだわる会社はなぜSEO対策で集客に失敗するのか?
効果的なWebページは三部構成で作成できる! 集客力とお問い合わせ数をアップさせる基本を解説
【SEO対策】なぜ企業ホームページの集客では、Webデザインよりもコンテンツ(文章)のほうが圧倒的に重要なのか?
会社ホームページの集客力アップ! 初心者でも簡単にできるSEOキーワードの探し方
検索順位とクリック率をアップさせやすいtitleタグ(ページタイトル)の付け方を徹底解説!
【SEO対策】meta descriptionタグの最適な文字数とクリック率を上げる書き方を徹底解説!
SEO対策とは? 10年・20年と長期的に企業ホームページで集客できる基本を、初心者にもわかりやすく解説!
ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違いとは? 本当にアクセス数を増やせる方法を解説
集客に直結する知識! 検索エンジンの仕組みとインデックスの意味とは?
SEOの基本 ビッグキーワードとスモールキーワードとは?
モバイルフレンドリー対応の必要性とおりこうブログDS
Webコンテンツとは何か? 企業ホームぺージのコンテンツ作成を基礎から徹底解説!
中小企業のホームページ制作・リニューアルなら、日本全国で実績1万社を超える、おりこうブログDSで!
会社のホームページをリニューアルするなら、おりこうブログDSで!
成果の出るホームページ作成講座
日本全国でホームページ無料訪問相談を実施中! ホームページの作成やパンフレットの編集を実際にお試しいただけるおりこうブログDSの無料体験版にもお気軽にお申込みください。
TOPへ戻る