本文へ移動

ホームページを更新しない会社はなぜ成果を出せないのか?

更新しないデメリットを解説!

ホームページを更新しない会社はなぜ成果を出せないのか?
  • 「ホームページの担当者が辞めてしまって・・・」
  • 「更新が面倒で時間を取られるから・・・」
  • 「制作会社に更新を依頼すると、料金がかかるし・・・」
 
こんな理由で、更新しないまま会社・団体のホームページを放置していませんか? 
ホームページを更新しないと、イメージダウンやアクセス数の減少、検索順位の悪化、トラブルの発生など様々なデメリットを招いてしまいます。
 
今回はホームページを更新しないデメリットを具体的に解説します。
会社・団体のホームページを
更新しないデメリット
 

1.会社・団体のイメージがダウンする

更新されていない企業ホームページは訪問者を不安にさせる

ひとつ例を出しましょう。
ある会社のホームページを訪問し、2010年の記事が「新着情報!」としてトップページに告知されていたら、みなさんはどう思いますか? 
 
「この会社はPRをする気がないのかな?」「まだ潰れずに営業しているんだろうか?」との不安がよぎるはずです。
 
その会社に電話しても迅速に対応してくれないような気がしますし、ましてや商品の注文や取引をするには二の足を踏んでしまいます。
 
つまり、更新されていないホームページは訪問者のイメージを著しくダウンさせるのです。

企業ホームページで悪い印象の1位が「情報が数ヶ月間更新されていない」

企業ホームページで悪い印象の1位が「情報が数ヶ月間更新されていない」
「企業のウェブサイトで困ってしまうことランキング」の上位3つ
更新していないホームページが会社のイメージを悪化させることは、アンケート調査からも明らかになっています。
 
Gooランキング(NTTレゾナンス)が1000人以上を対象におこなった調査では、「企業のウェブサイトで困ってしまうことランキング」の1位が「情報が数ヶ月間更新されていない」となっています。
 
更新の少なさは、会社のホームページの印象を悪化させるトップの要因であることがわかります。
 

お客様の実例:最初は更新なんて必要ないと思っていたが・・・

弊社が実際に活動するなかでも、ホームページを更新しないことでイメージを悪化してしまっていた例をよく耳にします。
 
これから紹介するのは、あるお客様の実例です。
そのお客様は工務店を営んでおり、すでにホームページを弊社以外の制作会社に委託して開設していましたが、全然更新をしていませんでした。
 
ある日、弊社の営業マンがお話する機会をいただき、「ホームページをもっと更新したほうがよいですよ」とアドバイスしたのですが、お客様は「ホームページなんて誰も見ないだろうし、更新する必要もないよ」とあまり気にされていないご様子でした。

その後、お客様から「すぐに更新できるようにしてくれ!」とのお電話が

ホームページを更新していないことを、顧客から指摘された
しかし、その数ヶ月後にそのお客様より急遽お電話がかかってきたのです。
「一刻も早く、ウチのホームページを更新できるようにしてくれ!」
 
以前お話ししたときと様子が異なっていましたので、詳しく事情を訊いてみたところ、きっかけは顧客からの一言でした。
 
お客様は新築の内覧会を定期的に開催していたのですが、訪れた方にこのような指摘を受けてしまったのです。
「●●工務店さんのホームページって、イベントの情報が4年前のままで止まっているでしょ? あれって印象良くないよ」
 
社員からその話を聞いた社長様がとてもショックを受けられて、あわてて弊社にお電話をされた、との経緯だったのです。
 
その後、お客様は弊社のホームページ作成ソフト・おりこうブログでホームページをリニューアルされ、現在ではイベント情報をきちんと自社で更新されています。

更新しないと知らないうちに、顧客を他社に流出させてしまう

結果だけを見れば万事解決ですが、こちらのお客様はとてもラッキーで、なおかつ、顧客に恵まれていた例です。
 
普通の顧客は、会社のホームページが更新されていないことで悪い印象を持っても、わざわざ指摘してくれません。ほとんどの顧客は何も言わずに、更新に熱心で綺麗なホームページを運営している同業他社に流れていくでしょう。
 
ホームページを更新しないまま放置しておくと、知らないうちに会社・団体のイメージをどんどん悪化させ、競合他社に顧客を献上しつづけることになるのです。
ホームページを更新しないと会社のイメージ・信頼性が悪化します
更新しないとイメージが悪化
きちんとホームページを更新している競合他社に顧客が逃げてしまいます
更新している他社へ顧客が流出

2.リピーターが獲得できず、アクセス数が減少する

更新してないホームページはリピーターを獲得できない
公開した当初は訪問者が多くても、ホームページを更新しなければアクセス数は低減していきます。
 
みなさんは更新されていないホームページへ何度も訪問しようと思いますか? 訪問しても何も新しい情報の追加がなければ、アクセス分だけ時間の無駄に感じ、訪問頻度も下がるのではないでしょうか。
 
さらに、Internet ExplorerやGoogle ChromeなどのWebブラウザのブックマーク(お気に入り)から、そのホームページを削除してしまうかもしれません。
 
つまり、更新頻度が少なくなれば、訪問者の再度アクセスしようという意欲が下がり、自然と全体のアクセス数も減少していくわけです。
 
リピーターが確保できなければ、安定的な売上げアップや取引の獲得につながらないのは言うまでもありません。
 
※ホームページと売上げ・リピーターの関係について、もっと知りたい方は以下のページをご覧ください。

3.Yahoo!やGoogleの検索順位が下落する

検索エンジンは古い情報よりも新しい情報を評価する

Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンは、更新がされておらず新しい情報が存在しないホームページに低評価を下します。更新しないままホームページを放置していると、検索順位が低下する危険性が高いのです。
 
それでは、なぜ検索エンジンは更新や情報の鮮度(フレッシュネス)を重視するのでしょうか?
 
それは、古い情報よりも新しい情報のほうが検索ユーザーの役に立つ可能性が高いからです。

新しい情報を上位に設置したほうが、検索エンジンは顧客満足度を満たせる

新しい情報が上位に来たほうが検索ユーザーにとって役に立ちやすい
たとえば、みなさんがYahoo!やGoogleで情報を探していて、以下の二つのホームページを発見したとします。
 
Aのホームページ:定期的に更新しており、最新情報を熱心に追加している
Bのホームページ:2000年から更新が停止しており、それ以降に情報が追加された様子がない
 
ページのクオリティが同じぐらいなら、断然Aのホームページの情報のほうが信頼できると感じるはずです。
 
Bのホームページの場合、どんなに内容が良くても「10年以上経った今では状況が違っているのでは? もっと優れた技術やサービスが生まれているんじゃないか?」という疑問が拭い去れないからです。
 
このように、新しい情報を常にアップしているホームページのほうが検索ユーザーの役に立つ可能性が高いので、Yahoo!やGoogleはホームページの情報の鮮度を重視して上位に掲載しているわけです。
 
更新しないままホームページを放置していると、熱心に情報の更新をしている競合他社のホームページにどんどん抜かされてしまい、検索順位が下落します。

情報が追加されず、コンテンツ量が少ないホームページでは集客できない

情報が追加されず、コンテンツ量が少ないままのホームページはSEO(検索エンジン最適化)の面で極めて脆弱であり集客することができません。
 
検索エンジン経由でのホームページの集客力はコンテンツ(情報)の質と量に大きく依存しますので、情報を追加しなければアクセス数もまるで増えていかないのです。
 
特に現在の合計ページ数が10ページ以下の場合は要注意です。そのままの状態だと、ページの数が少なすぎてほとんど集客につながりません。
 
※ページ数とアクセス数の関係について、詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

形式的に更新の回数を増やすよりも、質の高い更新をすることが重要

ただし、Yahoo!やGoogleの検索順位を上げたいからといって、文章が一、二行しかない質の低いページを量産していくのはNGです。
 
検索エンジンが重視しているのは、形式的な更新の回数ではなく、「その更新によってどれだけ有益な情報が追加されたか」だからです。
 
更新の回数だけを気にするのではなく、しっかりと文章を書いて内容の濃い情報を追加していきましょう。
 
 
社員が食べたランチの情報を毎日更新するよりも、お客様の疑問を100%解決できる質の高いページを月一で追加していくほうがSEO的には遥かに効果が大きいです。
 
※このような良質なコンテンツを継続的に発信することで、集客を目指す手法をコンテンツSEOと呼びます。詳しくは以下のページをご覧ください。

4.古い情報が掲載されたままだとトラブルが発生する

ホームページを更新せず、古い情報を掲載したままだとトラブルが発生する
  • 既に取扱いをやめてしまった商品・サービスが掲載されたままになっている
  • 商品やサービスの料金が古いままで修正されていない、または消費税率の変動が反映されていない
  • 引っ越ししたのに、ホームページ上では旧住所のままになっている
 
以上のような状態で放置していると、ホームページの内容を信じた顧客とのトラブルが発生しクレームの温床にもなりかねません。

必ずホームページは更新しましょう!

ホームページは必ず更新しましょう1
以上のように、ホームページを更新しないまま放置していると、会社・団体のイメージを低下させたり検索順位を悪化させたりと多大なデメリットを被ります。
 
せっかくのホームページなので、知名度の向上や売上げアップなどの成果につなげないと、非常にもったいないです。熱心に更新していけば、検索順位の向上やアクセスアップも見込めますので、ホームページは定期的に更新することを強くお勧めします。
 
※特にアクセス数を増やせる更新は、良質なSEOコンテンツ(ページ)の作成です。
以下のページで初心者向けにSEOコンテンツの作り方を解説していますので、詳しくはこちらをご覧ください。

こちらの関連ページもご覧ください

長期的な売上を確保! 売上アップにはホームページが重要である12の理由
SEO対策の初心者はページ数を増やすことから始めよう! ホームページの集客とページ数の関係とは?
SEO対策とは? 10年・20年と長期的に企業ホームページで集客できる基本を、初心者にもわかりやすく解説!
Webコンテンツとは何か? 企業ホームぺージのコンテンツ作成を基礎から徹底解説!
効果的なWebページは三部構成で作成できる! 集客力とお問い合わせ数をアップさせる基本を解説
CMSとは? その意味と企業ホームページへの導入のメリットを初心者にもわかりやすく解説!
無料ホームページ作成ソフトのメリット・デメリットを、初心者にも簡単に解説!
ホームページの開設・リニューアルのコンペ・相見積もり時のデメリットや注意点とは?
なぜ無料(フリー)CMSでのホームページ作成は、中小企業にはオススメできないのか?
中小企業が集客し売上げアップするには、なぜホームページの活用が重要なのか?
アクセス数を増やせるホームページの9つの条件とは?
そもそも、何でホームページって必要なの? 企業ホームページの必要性について解説
中小企業の労働生産性向上には、ホームページの活用が必須である理由とは?
顧客がどの商品を買うかは来店前にすでに決まっている!? Googleが提唱するZMOT理論とは何か?
会社のホームページをリニューアルするなら、おりこうブログDSで!
成果の出るホームページ作成講座
日本全国でホームページ無料訪問相談を実施中! ホームページの作成やパンフレットの編集を実際にお試しいただけるおりこうブログDSの無料体験版にもお気軽にお申込みください。
TOPへ戻る