本文へ移動

TikTok(ティックトック)とは? 意味やメリット・デメリットを初心者向けに解説

TikTok(ティックトック)とは?意味やメリット・デメリットを初心者向けに解説
  • 「TikTok(ティックトック)という言葉をよく聞くが、どのようなサービスなのかわからない…」
  • 「TikTokを企業導入することでどのようなメリットがあるのか?」

    このようなお悩みのある方も多いのではないでしょうか。

    そこで今回はTikTokについて、概要や個人・企業で用いるメリットとデメリットなどについて、SNS初心者の方にもわかりやすく紹介します。TikTokを活用したい方はぜひご覧ください。

TikTokとは

TikTokとは
TikTokとは、短尺の動画をシェアできるスマートフォン向けのサービスで、SNSの1つです。

楽曲に合わせて歌ったり踊ったりしている姿を投稿するユーザーもいれば、化粧の方法を紹介する動画、オススメの商品を紹介する動画など、主にエンタメ中心の動画を投稿するユーザーが多いです。

参考ページ:TikTok 公式サイト

TikTokの特徴

TikTokの特徴
TikTokはもともと15~60秒という秒数制限の中で、短い動画をアップロードするコンテンツでしたが、2021年7月より最大3分の動画を投稿できるようになりました。

これまでは60秒に収まらない動画をいくつかに分割して投稿する必要がありましたが、その手間がなくなったのです。

TikTokのユーザーは10~20代の若年層が多く、その世代を中心にショートムービーをテンポよく閲覧することが流行しています。

またTikTokには「おすすめ」という機能があり、ユーザーの検索結果、いいね、動画視聴時間などに基づき、ユーザー1人1人に合った動画を表示してくれます。

TikToker(ティックトッカー)とは

TikToker(ティックトッカー)とは
TikToker(ティックトッカー)とは、TikTokアプリ内でオリジナル動画を投稿している人たちのことを指します。

YouTubeで活動しているYouTuberよりも数は少なく、比較的若い10~20代のTikTokerが多いです。

また、TikTokerの中にはTikTokだけで活動している人もいれば、InstagramやYouTubeなどとあわせて活動している人たちもいます。

TikTokを個人で使うメリット

1.撮影・編集が簡単にできる

撮影・編集が簡単にできる
TikTokでは撮影から編集、投稿までをスマートフォンひとつで行えます。BGMやフィルター、特殊加工などのツールが数多く用意されているので、誰でも簡単にクオリティの高い動画を作成できます。

YouTubeの動画作成のように高い編集スキルなどがなくても、ツールを用いて動画の作成が可能です。

2.最新のトレンド情報が入手できる

TikTokではさまざまな情報発信をしているユーザーがたくさんいます。その中でもとくに最新の情報が他のSNSと比較してもいち早く流れてきます。

情報のジャンルはさまざまですが、流行の音楽、最近のオススメ漫画紹介、新商品、新サービスのレビュー動画など、トレンド情報がいち早く流れてきます。ひとりのユーザーが「おすすめ」として流した楽曲があっという間に広まり、人気楽曲になることも珍しくない話です。

またインターネット検索とは違い、自分が調べたいと思った情報を手に入れられるだけでなく、たまたま流れてきたおすすめ動画から新しい情報を入手することもできます。

TikTokを個人で使うデメリット

1.投稿から個人情報が特定される危険性がある

1.投稿から個人情報が特定される危険性がある
動画作成の手軽さから、自分の自撮りやダンス動画、1日の過ごし方などの動画を投稿するユーザーもいます。

そこで顔出しをしたり、家の近所などで撮影したりしていると、個人情報が特定されてしまう危険性があります。プライバシーに配慮した投稿をすることが大切です。

2.自分の投稿した動画が知らない人に利用される可能性がある

TikTokには動画保存機能があるため、自分の投稿した動画が他人に悪用される可能性があります。
とくに顔出し動画などを投稿する場合は、万が一流出しても自分に支障がないものを投稿しましょう。

TikTokを企業で運用するメリット

1.広告への嫌悪感が他のSNSと比べて少ない

TikTokはスワイプしていくことで次の動画へ進んでいくシステムになっています。そのシステムの中に広告をはさめるのがTikTokの特徴の1つです。

広告として動画の間に入ってきても、見ないユーザーはスワイプすれば済むので、他の動画サイトに比べ、広告への嫌悪感が少なくなります。

また、企業のアカウントをフォローしていなくても、広告を打ち出せるため、非フォロワーにも広告を届けられるメリットがあります。

2.情報の拡散力が高い

2.情報の拡散力が高い
TikTokには、YouTubeやInstagramとは違った独自のアルゴリズムを組んでおり、拡散力が高いという特徴があります。

InstagramなどのSNSでは、自分がフォローしているユーザーやそれに近い投稿がタイムラインに流れます。

ですがTikTokでは、フォローしていないクリエイターの動画も「おすすめ」に表示されるようになっています。

そのため、もしフォロワーが少なかったとしても、投稿すれば必ず100~500名程度のユーザーに表示されると言われています。

3.効果的な広告戦略を打ち出せる

TikTokでは、動画投稿SNSという特徴を活かして、動画による訴求力の高い広告を打ち出せます。

たとえば、ハッシュタグ機能を活用した「ハッシュタグ広告」が挙げられます。企業がキャンペーン用のハッシュタグを作成し投稿することで、ユーザーが
そのハッシュタグを使った動画を作成・投稿し、拡散されていきます。

多くのユーザーが同一のハッシュタグを用いるため、ブランド認知力が格段に向上します。

また動画の内容によっては、広告感を薄れさせるというのもメリットの1つといえるでしょう。

TikTokを企業で運用するデメリット

1.炎上リスクがある

1.炎上リスクがある
TikTokに限った話ではないですが、SNSマーケティングには炎上リスクがつきものです。

他ユーザーとの差別化を図り過ぎたゆえに、特定のユーザーを不快に思わせてしまうような動画を投稿すると、炎上する可能性があります。

SNSでの炎上は、SNS上だけでなくブランドイメージを損なう恐れもあります。

TikTokマーケティングを行う際には、企業内でどのようなコンセプトの動画を投稿するか等、メディアリテラシーに則ったルールを設けることが大切です。

2.商用ライセンスのない楽曲は著作権侵害になる

2.商用ライセンスのない楽曲は著作権侵害になる
TikTokでは、流行の音楽をBGMにして動画を作成することで、動画が拡散されやすい傾向があります。

しかし、楽曲には著作権があるため、商用ライセンスのない楽曲を無断使用すると、著作権侵害になるため注意が必要です。

3.単体では売上に直結しにくい

TikTokでは広告への嫌悪感が少ないというメリットを前述しましたが、逆にとらえると広告感が薄いために、ユーザーに広告であると気づかれづらいというデメリットになります。
そのため売り上げに直結しにくい可能性があるのです。

TikTokマーケティングを行う際には「企業や商品の紹介」「企業ブランドの認知度を上げる」等、間接的に商品やサービスの宣伝するようにしましょう。

4.活用できる業種が限定される

TikTokのユーザー層は30代未満の若年層です。

若年層がターゲットの企業であればTikTokマーケティングは有効ですが、40代以上の層をターゲットにしている企業には、TikTokはあまり効果的ではありません。

また、成功する企業にも偏りがあり、若者の興味が強いファッションや音楽業界、化粧品等が話題を集めやすい傾向にあります。
 
その反面、BtoB系の商品・サービスなどで情報を拡散させるのはかなり難しいのが現状です。
 
そのため、TikTokマーケティングを行う際には、自社製品・サービスに適しているかを考えることが大切です。
しかし、商品やサービスの紹介だけでなく、企業を面白く紹介する動画を作成することで、企業の認知度上昇にはつながります。

TikTokを企業で運用する際のポイント(注意点)

1. TikTok内のターゲットとトレンドを押さえる

1. TikTok内のターゲットとトレンドを押さえる
TikTokマーケティングを成功させるために、まずはTikTok内のトレンドを押さえましょう。

どのような楽曲が使用されているか、どのような展開の動画が流行しているか、それらを押さえるだけで、動画の人気が上がるかどうかが大きく変わります。

動画を作る前に、自社のターゲットや動画による成果目標を決め、そこにトレンドを取り入れられるようにすると、なおよいです。

2.その他のメディアへのリンクをつける

デメリットで前述した通り、TikTok単体では商品やサービスの売上には直結しにくいです。

そのため、動画を作成する際は商品、 サービスの紹介動画から最終的に企業のホームページや他のSNSに遷移させるような工夫が必要です。
コメント欄やユーザーページを有効に活用しましょう。

TikTokは最新のトレンド情報が把握できるSNS

TikTokは最新のトレンド情報が把握できるSNS
TikTokは他のSNSと比べ、若年層のトレンドがいち早くわかるSNSです。

自分が調べたいと思った動画から、まったく知らなかったが興味深い動画まで、さまざまな動画のプラットフォームとなっています。

またTikTokはトレンドの移り変わりも非常に速いので、いち早く情報を集め、動画に取り入れることがマーケティングには必要です。
 
ぜひみなさんも以上の点を意識して、TikTokを活用してみてください。

あわせて読みたい記事

TOPへ戻る