モバイルフレンドリー対応の必要性とおりこうブログDS

モバイルフレンドリー対応の必要性
ホームページがきちんとスマホ対応しているかを示す基準・モバイルフレンドリー。
モバイルフレンドリーに対応しているかどうかはSEO(検索対策)にも影響を与え、アクセス数や集客を大きく左右します。今後ますます重要性を増していく、モバイルフレンドリー対応の重要性を解説します。
 
その上で、ホームページやパソコン初心者でも、モバイルフレンドリーテストに合格するスマホ対応サイトを簡単に作成できるソフト、おりこうブログDSについてご紹介します。
 
※スマホ対応自体の必要性については、こちらのページをご覧ください
 

1.モバイルフレンドリーとは?

モバイルフレンドリーとは?
モバイルフレンドリーとは、ホームページをスマートフォンで開いた時に、快適に閲覧できるかを示すGoogleの判定基準のことです。つまり、そのホームページがきちんとスマホ対応されているか(スマホ閲覧に最適化されているか)をチェックするための指標です。以下の要素に当てはまってしまうと、Googleからモバイルフレンドリーではない(=スマホ対応でない)と判定されてしまいます。
 
【モバイルフレンドリーではないと判定されてしまう要素】
  • スマートフォンの画面だと文字が小さくて、拡大しないとまともに読めない
  • バナーボタンなどの他のページへ移動するリンクの間隔が狭く、指で押しづらい
  • Flashなどのスマートフォン・タブレットでうまく表示されない表現がある ・・・etc

2.対応してないと何がダメなの?

モバイルフレンドリーと検索順位低下
結論から言えば、モバイルフレンドリーに対応していないと検索順位が低迷し、集客力が減少する危険性があります。
 
Googleは2015年4月21日、アルゴリズム(検索順位を決定する計算方法)に次の変更を行いました。スマートフォンで検索された場合にはモバイルフレンドリーに対応(スマホ対応)しているホームページを優遇し、より検索順位の上位を獲得しやすくしたのです。
 
検索順位は相対的なものですから、スマホ対応しているホームページの順位を上げる=スマホ対応していないホームページの順位を下げるということです。
 
そのため、今は検索順位の上位を取れているホームページでも、スマホ未対応ならば順位が下落し、ホームページの集客力が低下してしまう危険性が出てきました。

3.Googleが未対応のサイトの順位を下げた理由

なぜGoogleはこのようなアルゴリズムの変更を実施したのでしょうか?
そこには以下の2つの目的があります。

無駄な手間をかけずにスマホ対応サイトに辿りつきやすくする

スマホ対応サイトに辿りつきやすくする
スマホ未対応のホームページをスマートフォンで閲覧すると、小さな画面にパソコンと同じ表示をするので、文字が小さくボタンも押しづらい状態になります。それでは情報がとても読みづらいので閲覧者に大きな負担とストレスをかけてしまいます。
 
その結果、閲覧者はスマホに対応しているもっと読みやすいサイトを探すために、そのホームページから逃げてしまう可能性が高くなるのです(離脱率が高くなる)。
 
検索上位の多数がスマホ未対応のホームページで占められていれば、閲覧者がスマホに対応しているホームページを探す作業はかなり大変になり、検索結果と各ホームページを何度も行き来することになってしまいます。
 
それよりは、最初からスマホ対応サイトを検索上位に表示させてアクセスしやすくした方が、検索ユーザーは素早くスマホ対応サイトにたどりつけるようになります。つまり、スマホ対応サイトの優遇は、Googleの検索ユーザーの満足度向上が目的なのです。

モバイルフレンドリーサイトの増加を促進する

モバイルフレンドリーサイトの増加を促進
検索エンジン分野で圧倒的なシェアを誇るGoogleがアルゴリズムを変更すると、その影響は非常に大きなものになります。Googleの検索順位の上下はホームページのアクセス数に即座に影響を与え、それにより会社の売上げが左右されることも少なくありません。
 
そうすると、スマホ未対応のホームページの管理者は現状に危機感を持ち始め、早急にスマホ対応しようと動きだします。
 
こうやって、スマホ対応へのインセンティブを高め、インターネット全体でモバイルフレンドリーなサイトを増やすことがGoogleのもう一つの狙いです。

4.未対応のサイトは今後集客力が低下

モバイルフレンドリー未対応だと集客力低下
既に述べたとおり、モバイルフレンドリー未対応のサイトには、SEO面で検索順位の低迷という深刻なデメリットが発生します。
 
検索順位は相対的に決定されるものですから、モバイルフレンドリー対応を済ませているホームページが周りに増えるほど、順位が下落する可能性は大きくなっていきます。
 
モバイルフレンドリー対応サイトは明らかに今後増加が見込まれるので、対応していないサイトは時が経つにつれ集客が厳しくなっていくことが予想されます。
 

5.モバイルフレンドリーテストでチェック!

ここまで読んできて、ご自分のホームページがモバイルフレンドリーに対応しているか、気になってきた方も多いのではないでしょうか?
 
モバイルフレンドリーのチェックは、Google公式の「モバイルフレンドリーテスト」で簡単にできます。ぜひ下のリンクからアクセスしてみてください。
 

手順:入力欄にホームページのURLを入れて、「分析」ボタンを押す

モバイルフレンドリーテストのやり方
合格の場合:緑色のページが表示されます
モバイルフレンドリー合格
不合格の場合:赤色の画面が表示されます

6.おりこうブログDSなら対応サイトを簡単作成!

おりこうブログDSでモバイルフレンドリーサイト作成
ホームページをモバイルフレンドリー対応にする重要性は今後ますます高まっていきます。
 
弊社のホームページ作成ソフト、おりこうブログDSならホームページの専門知識が無い方でも簡単にスマートフォン対応サイトを作成できます。もちろんモバイルフレンドリーテストにも合格しています。
 
その上、最適化された画面を閲覧するだけでなく、スマートフォンからのホームページ編集もできるので、なかなかパソコンの前に向かう時間が取れない方でも更新しやすく、充実したサイトが作れます。
 
以下のリンク先に、詳しい商品紹介を載せていますので、ホームページのモバイルフレンドリー対応にご興味のある方はぜひ一度ご覧ください。

こちらの関連ページもご覧ください

スマートフォン閲覧未対応のまま、ホームページを放置していませんか?  スマホ対応の必要性を徹底解説!
Googleの大転換! モバイルファーストインデックスの影響と対応方法を解説!
日本語Webフォントとは、何がすごいのか? メリットを徹底解説!
おりこうブログDSなら、スマホ・タブレットでいつでもどこでもホームページを作成・更新!
中小企業のホームページ制作・リニューアルなら、日本全国で実績1万社を超える、おりこうブログDSで!
SEO対策とは? 10年・20年と長期的に企業ホームページで集客できる基本を、初心者にもわかりやすく解説!
SEO対策の初心者はページ数を増やすことから始めよう! ホームページの集客とページ数の関係とは?
Webコンテンツとは何か? 企業ホームぺージのコンテンツ作成を基礎から徹底解説!
SEOの基本 ビッグキーワードとスモールキーワードとは?
会社のホームページをリニューアルするなら、おりこうブログDSで!
成果の出るホームページ作成講座
日本全国でホームページ無料訪問相談を実施中! ホームページの作成やパンフレットの編集を実際にお試しいただけるおりこうブログDSの無料体験版にもお気軽にお申込みください。
 
【企業情報】
株式会社ディーエスブランド
〒852-8003
長崎県長崎市旭町6番1号
タワーシティ長崎
タワーコート1F
TEL.095-862-4891
FAX.095-862-4855
 
【日本全国で対応!】
・北海道・青森県・岩手県
・宮城県・秋田県・山形県
・福島県・茨城県・栃木県
・群馬県・埼玉県・千葉県
・東京都・神奈川県・新潟県
・富山県・石川県・福井県
・山梨県・長野県・岐阜県
・静岡県・愛知県・三重県
・滋賀県 ・京都府・大阪府
・兵庫県・奈良県・和歌山県
・鳥取県・島根県・岡山県
・広島県・山口県・徳島県
・香川県・愛媛県・高知県
・福岡県・佐賀県・長崎県
・ 熊本県・大分県・宮崎県
・ 鹿児島県・沖縄県